読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画皇国

Yes!!漫画皇国!!!

絵を左右反転するとデッサンの狂いが分かる理由(仮説)

 絵を描いたあとに、紙を裏から透かして見るとデッサンの狂いが分かると言います。というか、実際に自分が描いた絵を左右反転してみると、左右対称のつもりで描いた絵も、確かに全然左右対称になっていませんし、イケてると思っていた絵が、とたんにボロッボロに見えてしまいますから、うわー嫌だー見たくないーなんて思ってしまいます。 

f:id:oskdgkmgkkk:20141027220241j:plain

 さて、これは僕が今、左右対称っぽいだろうと思って書きなぐった正面顔の絵ですが、

 

f:id:oskdgkmgkkk:20141027220408j:plain

 反転するとこんな感じです。お恥ずかしいことに全然左右対称ではありませんね。でも、反転する前はそれなりに左右対称っぽくなっただろうと思って自分の中でOKが出ているわけで、でも、それは間違いなのです。文字通り一目瞭然なのです。

 これはいったい何故なのか?というのが昔から疑問で、なんとなくの想像としては複合的な要因があるような気もするのですが、その中のひとつとして思い当たったのが、利き目の存在とそれによる視差の問題です。

 ご存知の通り、人間の目は顔の正面に二つついています。しかし、人間の視野は一つしかありません。例えば、目の前にあるものを右の目で見ているのか、左の目で見ているのかということは意識していないはずです。つまり、物理的には二つの目で見ているはずなのに、感覚的には顔の中心に一つの目がついているように見ているという錯覚があると思うのです。

f:id:oskdgkmgkkk:20141027221246j:plain

 上の絵は、それを模式的に描いてみたものですが、中心の青い目で見ているのが感覚的なもの、しかし、実際には左右の目で見ていますから、正面で見ているようにみえて、実は角度のついた視野でものを見ています。瞳の間を6cm、紙と目の距離を15cmとすると、12度ぐらいの角度がついている計算になります。そして、紙に近づくほどにその角度は大きくなります。人間には利き目というものがあり、遠くを指した指先を見て、片目ずつ瞑ってみたときに、印象の変わる目と変わらない目があるはずです。変わらない方が利き目です。人間の視野は左右の目で均等割されているわけではなく、どちらかの目から得た画像を重要視して合成されているのです。

 これを踏まえると、自分が正面から見ていると思った絵は、実は角度がついた絵であるという事実が分かります。そして、角度がついてしまうと絵は歪むのです。

f:id:oskdgkmgkkk:20141027213038j:plain

 これは、今、紙にペンで適当に描いてみた絵を正面から写真に撮ったものです。絵自体のデッサンが狂ってるという話は抜きにしてもらうとして、この絵を少し角度をつけてみた位置から撮影してみました。

f:id:oskdgkmgkkk:20141027213029j:plain

 それがこれです。角度がつくことで見え方が変わってしまいました。分かりやすくするために色分けして合成してみると、

f:id:oskdgkmgkkk:20141027222437j:plain

 顔の位置を大体合わせて重ね合わせてみましたが、腕や足の位置が正面から見た物と比べてずれていることが分かります。このずれが、左右反転によってデッサン狂いが分かることの原因のひとつではないかと思いました。

 どういうことかというと、正面から見ているつもりで角度がついているということは、その位置でデッサンが整ったと判断できる絵を描いてしまうと、本当の正面から見るとずれますからデッサンが狂っているということになります。つまり、自分の目の位置を考慮しないことで、わざわざデッサンを狂うように絵を補正してしまっているということです。そして、それを左右反転すると、その補正が逆方向に効いてくることになります。つまり、ずれが倍増してしまうということなのです。

 その結果、反転前と反転後では大きく異なったバランスの絵が見えてしまい、デッサンの狂いによって自分も発狂してしまいそうなぐらい嫌な感じになってしまうということなのではないかと思いました。

 

 ただし、この考え方で言うと、そもそもデッサンの整った絵も実は角度をつけてみてしまっているということにもなりますし、その辺がまだ上手く説明がつきません。また、紙と目の距離も人によって千差万別だと思うので、人によって効果も異なるでしょう。なんとなく人間の脳が、目から入ってきた情報を合成する段階で色々補正が入っているようなことも関係しているような気もするのですが、よく分からないことも多いので、みなさんも考えてみたりするといいのかもしれませんし、僕が知らないだけで、とっくに上手いこと説明した文章がインターネットにあるのかもしれませんが、まあまあとにかく、今日はこういうことを考えましたよということにして、終わりにします。

 またそのうち考えることにします。