漫画皇国

Yes!!漫画皇国!!!

2014-01-01から1年間の記事一覧

電子書籍のためのモバイルデータ通信の単価について

電子雑誌が便利という話 最近はアフタヌーンとかが電子版で買えるので、本屋に行く時間がなかなかとれないときでもボタンひとつで買えるので軟禁されているときとかにも買えて大変便利このうえないなあと思います。あと、僕はもともと漫画雑誌を月に数十冊以…

「おさなづま」について

この前、なんとなく読み返したら面白くて最後まで読んでしまったので原作:森高夕次、画:あきやまひできの「おさなづま」について書きます。 「おさなづま」というのはアクションで連載されていた漫画で、親の経営する鉄工所に融資を受ける代わりとして、ロ…

漫画の中国拳法描写について(追記あり)

「新暗行御史」というサンデーGXで連載されていた漫画があります。この漫画は、昔の韓国とファンタジー世界をミックスしたような世界を舞台にしていて、暗行御史(アメンオサ)という素性を隠した秘密の行政査察官のような人を主人公としている面白い漫画で…

「累」について

今日何となく「累」を最初から読み返したので、それについて書きます。 「累」は、美人女優の母親を持つ醜い娘、淵累(ふち かさね)が母親の遺した一本の口紅を使うことで他人と顔を交換することができるようになり、その類いまれなる演技力により、美人の…

「The Mark of Watzel」を読んだ僕について

僕が前から思っているのは、感情とか感覚って記憶ができないなということです。「のどもと過ぎれば熱さを忘れる」という言葉のように、そのときいかに熱かったかというのも、時間が経てば忘れてしまいます。それはそれで合理的なことです。感情や感覚が完璧…

「月光条例」のオオイミ王について

「月光条例」の最終巻が発売され、あとがきや単行本描き下ろしの最後の部分などを堪能し、大変面白かったなあと思いました。ひとつ引っかかっていたのは、最後までこの作品のラスボスであるオオイミ王とは何であったのかというのが、自分の中で色々とっちら…

禅とキャンクラ

相変わらずキャンディークラッシュサーガ(以下、キャンクラ)をプレイする日々です。最近はテレビCMも活発なキャンクラは、世界的ですもんねという感じの乗るしかないビッグウェーブなので、外人さんとの共通の話題に困ったときに、相手もプレイしていたり…

「寄生獣」の広川について

どこからかやってきた生物が人間の頭を乗っ取り、「この種を喰い殺せ」という本能のままに人間を喰うというのが「寄生獣」という漫画です。主人公は泉新一、頭を乗っ取られない代わりに右腕をその寄生生物(パラサイト)に乗っ取られ、右腕だけにミギーと名…

「The Wonderful 101」について

Wii Uのマリオカート8の発売を月末に控え、同ソフトの早期購入特典に他のゲームを2本ダウンロードして1ヶ月遊べるというものがあることを知り、対象ソフトの中に「The Wonderful 101」があったので、このゲームがいかに面白かったかという話を書きたいと思い…

「アナと雪の女王」について

ディズニー映画の「アナと雪の女王」を、公開直後に見たんですけど、今更感想を書こうかと思います。個人的な整理として。 音楽も映像も、ストーリーも素晴らしかったです。特にストーリーは丁寧で分かりやすいほどに分かりやすかった(雪だるまのオラフが解…

「道士郎でござる」について

「道士郎でござる」という漫画がとても好きな感じです。この漫画はアメリカのネバダ州でインディアンとともに育った桐柳道士郎が、父親に教え込まれた日本の侍像のままに成長を遂げ、(侍の姿で)日本に帰ってくるという感じの漫画です。道士郎は健助くんと…

大胆妄想!「大逆転裁判」の物語

逆転裁判シリーズの最新作、「大逆転裁判-成歩堂龍ノ介の冒険-」が発表されました。巧舟がディレクターらしく、楽しみでたまりません。舞台は明治、主人公はシリーズ1、2、3で主人公を務めたナルホドくんこと、成歩堂龍一の御先祖様のようです。 ティザー…

「知っている」の濃度について

何かについて「知っている」と表現するときに、それが意味する情報量は状況によって結構違うんじゃないかと思います。多くの場合、知っているということは「実践的」に知っているということを意味していて、自分がその知識が必要とされる状況においては、必…

Amazonは実在するのか?

僕は小学校二年生ぐらいまでサンクロースを信じていました。信じるのをやめたきっかけは、確か家の中でクリスマスの日まで隠されているプレゼントを見つけてしまったからです。一緒に見つけた弟もまた、同時に信じることをやめました。でも、それからもしば…

「月光条例」の月打について

「月光条例」という漫画は、この世にある数々のおとぎばなしが、何十年かに一度、青い月の力で「月打(ムーンストラック)」されることで、そのおとぎばなしのキャラクターたちが狂ってしまい、物語が壊れてしまう、という物語です。その狂ってしまった物語…

鬼について

日本には鬼という存在がいて、昔からの民話や伝承や物語なんかに度々登場してきます。そんな鬼は現代の漫画にも沢山登場して、例えば僕が好きな漫画で言うと「鬼切丸」があります。鬼切丸は、鬼切丸という刀を携えた角のない鬼である少年が、様々な時代、様…

コンビニと漫画の雑感

実際どうなのか分からないのですが、コンビニごとに漫画雑誌や単行本の取り扱いが異なる気がするので、それについて偏見に満ちた雑感を書きます。地域によって全然違う結果なのかもしれません。 ・セブンイレブン 週刊少年サンデーを入荷しなくなる店舗が増…

完成された人間について

ちょっと前から、「完成された人間」という概念について考えていて、全ての人間は完成に向かっているんじゃないかと思ったりしています。 ここで言う完成された人間というのは、充分に成長しきってしまったがゆえに、それ以上変化する必要のなくなった人間で…

学校の勉強について

「ヤンキー塾へ行く」というヤングマガジンで連載されていた、ヤンキーが塾へ行く漫画があったんですけど、それが今は改題して仕切りなおされ「塾生☆碇石くん」として、ヤンキー要素よりも塾要素の方が強くなって連載が続いています。主人公の碇石くんは寡黙…

「SLAM DUNK」のスラムダンクについて

漫画のタイトルというものは、意味が分かるものも分からないものも、最後の方でようやく分かるものなんていうのも色々あります。 「ドラゴンボール」なんかは分かりやすい。ドラゴンボールという重要な道具が出てきて、それを巡ったりしながらお話が進みます…

コナンくん時空

ループものというジャンルがあります。ざっくり言うと、同じ時間を何度もやり直して最良のエンディングを迎えるみたいな感じのものです。 これは、ゲームととても相性が良いです。なぜならば、ゲームは失敗する度に何度もやり直すことでゴールを目指すもので…

「火垂るの墓」の感想変遷

アニメ映画の「火垂るの墓」が好きなので、何度も観ているんですけど、観ている年代によって全然違う捉え方をしてしまうなあというのが面白い感じがしたので、それを書きます。 最初に観たときは子供の頃だったので、清太と節子の境遇に感情移入しながら観て…

「ヒミズ」と「普通」について

記憶を元に書いているので細部が間違っているかもしれません(免責)。 「ヒミズ」は古谷実の漫画で、「笑いの時代は終わりました。これより不道徳の時間を始めます」というキャッチコピーとともに、それまでギャグ漫画を描いていた古谷実が、明確にギャグで…

「失恋ショコラティエ」のサエコについて

人間にはそれぞれ才能みたいなのがあると思います。それは走るのが速いとか、記憶力がいいとか、力が強いとか多方面に渡ると思います。では、もしそれが「他人に自分を好きにならせる力」であった場合はどうでしょうか?それを行使することは、どのような結…

風雲「なら、お前がやってみろ」話

インターネット拳法ってのがある気がするんですけど、インターネットが一般的になったこの二十年ぐらいの間にインターネットの上では沢山の争いごとが起こったりなんかしていて(パソコン通信をいれるともっと長い期間かもしれませんが僕はパソコン通信は「…

「孔子暗黒伝」について

諸星大二郎の「孔子暗黒伝」がどのような漫画であるかを知る最良の方法は、「孔子暗黒伝」を読むことだと思います。この漫画には沢山の切り口があると思いますが、そのどれか一つだけでは、この漫画の魅力を説明できる気がしません。たった一冊にまとまって…

評価軸の持ち方について

僕が人間の行動について感じているのは、 何かを行動する 行動を評価する 評価が上がるように行動する というのを繰り返すものなんじゃないかということです。 でも、ここにはもう一つの隠れた要素があって、それは「評価軸を決める」というものです。ある行…

読書の偏りについて

さて、みなさんは何を手がかりにして新しく読む本を探しているでしょうか?それには色々な経路があると思うんですけど、例えば漫画で言えば雑誌を読むというのがあります。その雑誌には今既に読んでいる連載があって、そのついでに新しく始まった連載があり…

「シュガー・ラッシュ」が良かった話

ビデオをネットでレンタルできるチケットみたいなのの期限が迫っていたので、ビデオゲームの映画なんでしたっけ?という雑な情報しか持っていなかった「シュガー・ラッシュ」を観たんですけど、めっちゃ面白かったです。 面白く思った理由にはゲームネタの面…

漫画の河童のクチバシの有無

河童は日本の妖怪の中でも最も有名なものの一つです。その成り立ちには諸説あるようですが、昔から日本の各所に似たような名前の「川のそばに現れる謎の生き物」の言い伝えや目撃談があったようで、それらが本草学者や博物学者によって一つの名前である「河…