読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画皇国

Yes!!漫画皇国!!!

【告知】第二回文学フリマ大阪に出展(G-16)します

(2014/9/11 22:30追記)

 LINEスタンプの審査が終わらないと書いたその日うちに承認されてしまいました。

 http://line.me/S/sticker/1009218

(追記ここまで)

 

 基本的に引きこもっているので世の中と触れ合うことがない僕なのですが、色々あった結果、珍しく外に出ようかと思ったので、9/14(日)に堺市産業振興センターで開催される第二回文学フリマ大阪に、「七妖会」という僕の一人サークルとして、「妖魅雑考奇珍怪」という本を作って参加します。


七妖会@第二回文学フリマ大阪G-16

 

 ことの経緯は色々あるのですが、五月半ばから六月半ばぐらいにかけて、なんとなくLINEスタンプを作ろうと思い立ち、40個も作らないといけないのかと思いながらも毎日1つちょっとぐらい絵を描いたり色を塗ったりしていた結果がこれです。

 

f:id:oskdgkmgkkk:20140910235104j:plain

 

 そもそも、ここ数年ぐらい「妖怪」が面白いと思って色々本を読んでいたので、「よーし、妖怪を40個を描こう!!!」と思い立ち、いざ、自分の絵柄で絵にしようとしたのですが、そもそもそれぞれの妖怪にはどのような由来があって、どのような書物にどのような記述があった結果、どのような姿をしているのかどうかというのを今まで気にしたことがなく、この妖怪のビジュアルは実は水木しげるが創作した絵柄であって、同じように描いては著作権的に微妙なのでは??などと色々危惧した結果、それらをいちいち調べていたので、ネタが尽きてくる頃には、絵を描く時間よりも何の絵をどのように描くかを決めるために本を読んでいる時間が長くなってしまっていたのでした。

 このスタンプ自体は六月の半ばにさくっと申請をしたので、ほどなく売りに出るはずだと思い、折角なのでその宣伝も兼ねて、表に出ようかと思ったりしたのが、文学フリマ大阪に出ようと思ったことの経緯の一つです。しかしながら、未だ審査が終わらず、一向にスタンプが売りに出る気配が見られないので、色々目算が外れてしまった感じはありますが、ともかく、妖怪の絵を描く上で色々本筋から脱線しながらも色々な本を読んで読んで、その中で僕が面白いと思ったことについて、まとめた本がこの「妖魅雑考奇珍怪」なのでした。(タイトルは田中香涯の「医事雑考奇珍怪」から頂いています)

 

f:id:oskdgkmgkkk:20140911000327p:plain

 

 本には負け惜しみのように裏表紙にスタンプ画像を貼り込んでみたのですが、それはともかく、「蟇仙人」「鎌鼬」「河童」という三つの項目について、色々調べていくうちに分かったことを、僕の好きな漫画なんかと絡めつつ書いています。僕が読んだ本に真実が書かれているかということに自信がありませんし、僕の解釈もいい加減かもしれませんが、僕の文章はともかく、中で引用している主に昔の本というのは、面白いものが多いと思うので、これをきっかけに元の本を読んでくれる人がいると面白いなあと思った感じなのでした。

 

 そもそも出展先を文学フリマにしようと思ったのは、以前、東京開催の文学フリマに、そのときもたまたま珍しく外に出て見物に行ったときに、Twitterで面識のあった「NEKOPLA」の斎藤さんや「いぬ型干渉体」のezoryさんにお会いしたのがきっかけなのです。そして今回は「NEKOPLA」さんと合体配置をさせてもらうことができました。


NEKOPLA@第二回文学フリマ大阪G-15

 

 その結果かどうかは分かりませんが、初同人誌の初イベント参加にも関わらず、謎の壁サークル(配置図の右上)となってしまっているようです。そう、同人誌を自分で作ったのも初めての経験だったので色々面白い感じでした(などと既に終わったことであるかのように)。

 

 ともかく、たまには引きこもりをやめて他人と接するのも良いだろうと思ったので、珍しく表に出てきますし、9/14(日)は、堺市産業振興センターで僕と握手。